トップページ > 保育の内容一人一人を大切にする幼稚園教会の幼稚園少人数の幼稚園特色

 

保育の内容

一人一人を大切にする幼稚園


 世界で最初に幼児教育を手がけたのはドイツ人のフレーベルでした。フレーベルは、幼子は放置しておくと野蛮人になってしまうとする当時の常識に反して、幼子が人間の命の豊かさを十分に示しているのに気づきました。そこで、幼子が花のように美しく咲いているという意味で、幼稚園(こどもの花園)という名前をつけました。「神の国は幼子のような者たちのものである」と言ったイエス・キリストへの信仰が背後にあったからでした。

 愛隣幼稚園は、フレーベルのように、キリスト教信仰に基づいて、全ての幼子にすでに与えられている賜物が健やかに育つよう支援することを目指して設立されました。キリスト教信仰の内容は、創造者である神がお造りになった全ての人を愛しておられることを信ずるということです。教会はその愛の体験から、どのような人も愛され、信頼され、待たれることを経験することによって、多くの場合隠されている豊かな賜物に気づき開花させることができると確信するようになりました。愛隣幼稚園の保育の基本はここにあります。

 全ての人の中に豊かな賜物が潜在していると信ずることがその賜物を開花させるのですから、今は見えない賜物の開花を信ずることがキリスト教信仰に基づく教育の核心となります。 愛隣幼稚園の「愛隣」とは、「自分を愛するように隣人を愛しなさい」(新約聖書『マタイによる福音書』22章39節)というイエス・キリストの言葉に由来します。「愛する」ということは、別の新約聖書の記事によれば、「信ずる」ことであり「待望する」ということでもあります(コリント人への第一の手紙12章13節)。愛隣幼稚園はこのような信仰に基づいて、幼子の心身共に健全な成長のために仕えたいと願っています。

 

教会の幼稚園


キリストの大切な愛の教えです。


1 心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、
  あなたの神である主を愛しなさい。

2 隣人を自分のように愛しなさい。

(新約聖書から)


 愛隣という園名はこの教えに基づいてつけられました。キリスト教の愛の心をもって一人一人の幼児を大切に教育し、子供が本来持っている固有の愛の心を伸ばすことができるように導き、心身の円満な発達を助成します。  復活祭・感謝祭・クリスマス等、教会の幼稚園ならではの楽しくまた敬度な生活体験から神の愛にふれて命の尊さ、感謝する心、お互いに奉仕する心を育んで参ります。

 

少人数の幼稚園


同年齢の子供たちのふれあいばかりでなく、3才児、4才児、5才児相互の交流も自由にできます。兄弟の少ない現代の子供にとってまたとない貴重な体験が得られます。

 

特色



抜群の環境

園の所在地は古い住宅地域ですが、すぐ前にはかつて教会が土地を提供した、広々とした市の桜児童公園があり利用できます。また園庭には樹齢数十年の藤、金木犀、さるすべり、槍葉等の古木が四季を通じて潤いを与えており、建築後90余年の園ホールや70年になる教会礼拝堂等の大谷石作りの建物は落ち着きを感じさせます。

幼稚園バスは使いません

お母さんと手をつないで通園できるのは長い人生の中でたった2〜3年の今の時だけです。四季の変化を楽しみながら親子の楽しい語らいの時を持つのはとても有意義なことです。また歩くことによって体力作りにもなりますし、交通ルールも自然に学ぶことができるでしょう。

制服がありません

個性を尊重する意味で、また幼児期は、色や音に関する感性が一番育つ時なので、できるだけたくさんの色のある中で保育することの大切さを尊重して特に制服は着用いたしません。