トップページ > 園長からのメッセージ

 

園長からのメッセージ

愛隣―キリスト教精神基づく保育


園長  金山 昭夫


 愛隣幼稚園の「愛隣」とは、「自分を愛するように隣人を愛しなさい」(新約聖書『マタイによる福音書』22章39節)というイエス・キリストの言葉に由来します。
 キリスト教精神の中心は、人のことを第一に考え、思いやることです。本園でも、教員、園児を問わず、保育を通して相手のことを思い、いたわりの気持ちを養うことの大切さを学びます。
 週1回の礼拝をはじめ、毎月のお誕生日の礼拝、また、教会の暦にあわせて4月にはイースター礼拝、11月の幼児祝福式と収穫感謝礼拝、12月のクリスマス礼拝、さらには卒園式の礼拝も教会で行い、人のために祈ることや、感謝することの大切さを身に着けます。
 私たち、愛隣幼稚園は、このようなキリスト教の信仰に基づいて、幼子の心身共に健全な成長のために仕えたいと願っています。